上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
みなさま GWいかがお過ごしでしょうか?母上です

今年はGWが前半・後半に別れております2012
はてさて前半ウィークはどこに行こう・・・
春の陽気に誘われて 衣替えもしないまま
昼食を済ませたあと車に乗り込んでみました

着いた先は鬼太郎市から1時間弱に位置します
画像 14081
島根県松江フォーゲルパークでございます

車椅子など持ってはいないが長く歩くことが困難
そんなお年寄りのために車椅子の無料貸し出しもございます
画像 13966
施設内を移動するときは車に乗せていただけます
とにかくスタッフの皆さんが親切で感動
画像 13965
お花がある所は全て温室で屋根がありますので
雨の日でも快適に散策できるこの施設
お花の素晴らしさもさることながら
動物たちとの触れ合いも出来るという優れもの

画像 14002 

画像 14015

画像 14042

画像 14060
体験にはそれぞれ¥200ほどお支払いいたしますが
それでも貴重な経験ですので是非お試しいただきたい!

半日もあれば お花大好きな妹11歳&ばば様73歳も満足し
動物大好きなあたくしも大満足
付き添い担当の兄12歳も楽しめるという
家族で楽しいと感じることがバラバラファミリーも
最終的には「おもしろかったね」と
一件落着する施設でございます♪

まだ予定が未定の近郊にお住まいのみなさま 
是非一度行ってみてね!

前半残りの1日 食っちゃ寝予定の母上からGW速報でした。
スポンサーサイト
2012.04.30 Mon l 母上家の街 l コメント (0) l top
みなさまこんばんは。母上です。

妹11歳が修学旅行で行った広島記念資料館
原爆が投下された時13歳だったという語り部さんから
お話を聞いてきた妹でした

妹11歳の不確かな記憶の伝授ではありましたが
覚えていることを全てあたくしに伝えてくれました

語り部さんは現在80歳を超えていること
戦時中は週に何回かしか食事が出来なかったこと
靴など無くお母さんのゲタを履いて学校に行っていたこと
学校でお腹が痛くなっても早退する子などいなかったこと

8月6日の朝はとても天気が良かった
突然大きな飛行機が飛んできて、見ていると何かが落とされ
気がつくと町中が燃えていた
爆風で飛ばされ目もなかなか開けられなかった
偶然見つけたクラスの子と黒くなった町中を
明るい光を探して一生懸命歩き続けた

光のある方へと励ましあいながら歩いて行くと
皮膚が垂れ下がった人がたくさんいた
すでに死んでいる赤ちゃんを抱きしめて走るお母さん
そのお母さんの顔は血だらけだった
途中で助けてと言う人がたくさんいたけれど
助けられなかった

それぞれ家を目指して歩いていたんだけれど
途中で歩けなくなって置き去りにした友達や
家に家族がいなかったら集まろうと約束したまま
今も生きているのか死んでいるのか分からない友達

戦争を起こすのも人間 やめさせるのも人間
自分が生きている限り平和への努力をしたい
そう結んだ語り部さん

聞けば聞くほど胸が苦しくなる被爆体験でした

生きている限り 封印してしまいたい過去は誰しもあります
それが壮絶な過去ならば なおさら忘れてしまいたい
それでも語り部さんは語り続けます
語れば語るほど当時の記憶は鮮明になり
地獄絵図と化した人々のうめき声も
つい昨日の出来事のようにフラッシュバックするでしょう
自分の身を削り 語り継ぎ 平和を願う語り部さん

妹からあたくしへ
あたくしから誰かへ
確実に平和の尊さは伝わります

どうかお体を大切に
お元気でいて欲しいと願わずにいられません
2012.04.29 Sun l 母上 l コメント (0) l top
前記事の続きになります みなさまこんばんは!母上です。

さて広島を堪能して帰ってきた妹11歳でございます。
彼女の不在中 色々と母親としての自分を見つめ直したあたくしです
泣きはらした目でバスに乗り 出発した妹11歳

人生43年も生きておりますと色々な経験から
人生11年の若輩者へアドバイスしたくなるのは当然
それが親子ともなると子供を意のままに操ろうとしてしまう
意のままに動くわけがない反抗期の女子
それと対等に戦おうとする未熟な親

アドバイスと思うあたくしと 大きなお世話と感じる娘
ズレて当然でございます ここであたくしが全て折れ
自分の考えでいいんだよと一言言えたなら
泣かずにすんだとすっかり反省いたしました

画像 14123
帰って来たら元気にお帰りを言おう
去年兄が同じように修学旅行に旅立ち
出発式のさなか お母さん忘れ物したと青くなり
車を飛ばして取りに帰ったリプレイをした妹11歳
考えてみるとおもしろいじゃないの
そんな忘れられない思い出を作ってくれた兄妹
画像 14132去年の兄・当時11歳

にこやかにお出迎えをし旅の思い出を聞き
画像 14136
「ひみつの嵐ちゃん」の相葉くんのトレーラー見た!
えーいいなぁ!鳥取に来てくれないかなー
やっぱ広島は都会だからねー良かったねー

家族へ楽しそうにお土産を渡す妹11歳
画像 14126
あたくしとばば様73歳へは もみじ饅頭
お母さん達にはお土産はいいから
自分の思い出になるものをちゃんと買っておいで
と伝えて送り出した修学旅行

言いつけ通りに思い出の品ゲット
画像 14127
ストラップ3種としゃもじ 全て妹の記念品

去年の兄は車酔いのため買い物ができず
自分の記念品だけ買えなかったという過去があり
妹11歳に依頼したチョッパーのストラップ
兄くんの言ってたのがお店にあったと言う妹11歳
そして取り出した兄へのお土産
画像 14128
チョッパー高かったからやめた
あっさり切り捨てた妹11歳

人生43年も生きておりますと・・・(文頭へ戻る)
しゃもじを買うの諦めれば買えたんじゃないか
お釣りが¥600も残っていたのに買えたんじゃないか
いろんな思いが交錯した瞬間ではございますが

スパイダーマンみたいでかっこいいでしょ
嬉しそうな妹の笑顔に全ての思いを消され
いいもの見つけて良かったね
兄12歳に同意を求めたあたくしでございます

気になりますか?兄12歳の反応が
やはり気になりますか?恐る恐る兄12歳の顔色を伺いますと

コレって広島限定だねとご満悦
単純な男子であたくしはとても助かります
2012.04.29 Sun l 兄と妹 l コメント (0) l top
みなさまこんばんは!母上です。

我が家の新6年生 妹11歳
先日 修学旅行で広島へと行ってまいりました。
画像 14120
その準備にあたり ひと悶着もふた悶着も勃発しました母上家

①傘エピソード
修学旅行初日が雨予報だったため
折りたたみ傘を持って来いと担任から言われたと妹11歳
折りたたみ傘など持っていないし
買ったとしても使いこなせない現実があるので
雨合羽でじゅうぶんだと思うあたくし
ネットで検索すると到着時刻には50%の雨予報
翌日は快晴なので 歩行に困るほどは降らない雨ということ

雨合羽はダメと先生に言われたからと妹
はぁ?!雨具なら何でもいいじゃないか!どうせ降らないわよ
なぜそんな事まで先生が指定するのか と怒るあたくし
旅館がぬれるからダメだと言ったと妹

怒り爆発のあたくしでございました
ただでさえ旅費前金 全納で¥24500お支払い
その上この先どうせ使うことの無い 折りたたみ傘まで購入?
理由は雨合羽で旅館が濡れては迷惑だから?!

バカじゃないのか担任よ。旅館は君達素人が考えるほど
どんくさくは無いのだよ。プロの集団が働いているのだよ
雨の日でも、雪の日でも、土足で上がりそうな外国の方でも
全て対応できる知識を持っていらっしゃるのだよ!!
そう言いたい気持ちをぐっとこらえ ばば様72歳の地味な傘を
持たせて一件落着いたしました 傘エピソード

②筆箱エピソード
普段使う筆箱には赤ペン 名前ペン ものさし はさみ
消しゴムに鉛筆6本と かなりのモノが入っております妹11歳
筆箱を持って来いと指定があったとしても中身全ては必要なし
それならば 小さなペンケースに2本の鉛筆と消しゴムで十分

行きは軽く 帰りは重くなる旅行かばん
なるべく必要のないものは持っていかせたくないあたくし
旅行の基本を教えるあたくしに真っ向から戦う妹11歳
いつもの筆箱を持って行くという女
少しでも軽い方がベストだと言い張る母親

その結果・・・小さなペンケースを入れました妹11歳
そしてこっそりいつもの大きな筆箱も入れました
この頑固さは一体何なのか よく分からないまま終息

③お見送りエピソード
当日朝の6時40分集合でございました修学旅行
お見送りを兼ねて 車で送ってあげるからと
2週間前から伝えておりましたあたくしです

前日の夜に突然 友達と歩いて行くからと妹
2週間も前から伝えていましたよね 予定を!
前日に覆すとは何事ですか!歩くなら何時に家を出るのか
分かりますか。6時20分には出なければなりません
では逆算して何時に起きて朝食をとるのか分かりますか
遅くても5時30分には起きないと間に合いませんよ!

あなた一人の家族ではありません
あなた一人の母親でもありません
兄12歳の朝食の用意もあり 母の仕事の準備もあります
なぜ勝手にそんな約束をするのか 怒りがこみ上げるあたくしです
先生が校区が狭いから歩いて来なさいと言ったと妹
本当に担任が言ったのだな?間違いないな?!
電話かけて確認してやるぞ!
本当に言ったけど電話はやめて!!!と泣く妹

怒りが収まらないあたくしは
次々と細かいことまで指定してくる担任にも腹が立ち
その担任の言葉通りに動く妹11歳にも苛立ちがつのっておりまして
早速 穏やかにお電話いたしました

「歩いて来なさい」の真意を問うと
朝は車で送ってもらってもいいですか と生徒からの質問に
この学校の校区は狭く 歩いても数分の距離なので
歩いて来たほうがいいねと答えました

家庭にはそれぞれの事情があり
朝はご主人のお弁当作りから兄弟の世話もあります 
それでもお見送りしてやりたい親心もあるのです
車で送ることにより登校時間を短縮し
お見送りあとにすぐに帰るという方法を選びたいのです
そこで先生からの「歩き指定」が入ると困惑します
「お家の方と相談して決めたらいいね」と一言言ってほしかった
母上家は車で集合させていただきますので
どうぞご了承くださいませ

そのように電話を切り 泣き続けている妹に報告
嫁に行かず30歳を超えてしまった女性担任は
細かなところまで気がまわり その結果
細かな指示を生徒に出してしまう 
そんなことでは 自主性・自立性が育たない
その担任を大好きだと思う妹11歳は
全て担任の指示を真に受け その通りにしようとする

あたくしから見ると臨機応変が出来ない女2人
カッチカチやで 妹あんど担任女史
画像 14122
泣きはらした目で当日の6時40分を迎えました妹11歳
担任の言葉を軽く流した生徒は保護者の車に乗って集合
まともに聞いた生徒は本当に歩いて集合 と個々の選択で集合
担任が言ったからってその通りにしないといけない訳じゃない
もう少し柔軟な考えが出来るようになりなさい

出発式を終え 静かにあたくしへと歩み寄る妹11歳
画像 14121
名札忘れた

あれだけ用意周到で あれだけ母の言葉を無視して
挙句の果てに名札を忘れる? 
無言で車をかっとばし 名札を渡した親の気持ちが
分かるのだろうか妹11歳

とても面倒くさい女に成長しております。はぅ。
2012.04.28 Sat l 兄と妹 l コメント (0) l top
みなさまこんばんは!母上です。

この度、全く利益の出ない係長に昇進いたしました。
鬼太郎地区 市民運動会実行委員会 進行係の係長

やっと自治会の班長職が終わり 気を抜いていたら
市民運動会で役をしてくれる人がいない
と泣きつく自治会体育部所属ばばぁが一人・・・

あたくしが役員選出に困った時 絶対助けてね!
恩を売る形で引き受けました 係長
ども

本日 委員会がございまして
毎晩 毎晩 何だか分からないが出て行く母を
妹11歳はどの様に感じているのかどうなのか
一緒に修学旅行の持ち物のチェックして
ごめん!お母さんまた公民館行かないと・・・
またぁ~?!んじゃ自分で出来る所までやっとく
何の手当ても出ない上に 子供に負担をかける自治会&PTA
これってどうよ!え!日本国!
おかしくないかぃ?おかしいだろうよ?
どこに怒りをぶつければよいか分からぬまま
子供二人に『頑張ってね』と声援を受け
仕事と夕飯作りでヨレヨレの体で参加しました委員会

帰宅するとお風呂を済ませていた妹11歳
何時に帰るか分からなかったからお手紙書いたんだけど
IMG_20120423235136.jpg
バスタブと壁の間のうすーい隙間に
色々とモノを落としていく妹11歳
もう鏡だけで何個目だよ そんな笑いがこみ上げ
思いがけずニヤリとしてしまったあたくしです

それを見て安心した妹11歳
よかったー。怒られるかと思って心配だったんだ
安心した所で・・・ちょっとだけ贅沢してもいい?

画像 14114
風呂上りのジンジャーエールをストローで飲む
このストローにセレブ的な贅沢を感じる妹11歳

係長の疲れも吹っ飛ぶくらい爆笑させていただきました。
今日の委員会の手当てはコレくらいで勘弁してあげましょうか
2012.04.24 Tue l 兄と妹 l コメント (0) l top
さて、妹11歳の小学校 兄12歳の中学校

本格的に始動いたしました4月でございます
あたくしは家庭で支えるだけかと思いきや
息切れ状態で走り回る4月です

17日(火)6年生茶話会で保護者集合
学年部お楽しみ会の案 日程など調整
卒業式に向け予定と話し合い
先生からは修学旅行についての注意事項

ぜーぜー・・・

翌日水曜日は中学PTA 総務部会
新旧役員引継ぎ そして20日(土)に行われる
教職員歓送迎会の準備連絡事項

ぜーぜー・・・はーはー・・・

20日(土) 中学校参観日とPTA総会
画像 14105
友達も増え すでに「自分の城」となった中学校
兄12歳の楽しそうな表情に安心したあたくしです
小学校時代 コミュニケーション能力に不安を感じ
大丈夫なのだろうかと心配していたのが嘘のようです

頻尿のためトイレを探すあたくし
ヘルニア腰痛があるため洋式便座を見つけ
画像 14096
足をどこからどのように持って行けばよいか悩み
数分経過でモレそうなので和式に変更

その後PTA総会で新役員として皆様の前へ整列し挨拶
歓送迎会には出席できませんがお手伝いだけはします
会を抜けるためにそう発言してしまったため
そのままダッシュで歓送迎会の買出し
画像 14106
大型カート3台分の買い物を仲間と済ませ
会場へ運び テーブルへとセッティングし帰宅

ぜーぜー・・・はーはー・・・ひーひー・・・

今週末に修学旅行がある妹11歳
バスと旅館で食べるおやつ等もろもろ買い物
画像 14108
パズルが見たい妹11歳にお付き合い

本日22日(日) 小学校参観日&PTA総会
気がつけば兄の入学式翌日からずーーーっと
11日間 お弁当を作り続けているあたくし
画像 14109(本日の妹弁当)
出て行くお金もすごい金額でございますが
玄関を出て行くあたくしの回数もハンパ無い
嵐のような4月を過ごす あたくし43歳

壊れかけのれでぃお状態でございます
2012.04.22 Sun l 母上 l コメント (0) l top
みなさまこんにちは! 母上です。

中学校入学 全てが初体験で母親のあたくしの方が
抜かりの無いようにとアップアップでございます
当の本人はと言えば いたって冷静
「表面に現れないだけで 本当は緊張ぎみなんだろうか」
そんなあたくしの心の声もハズレだったようで

入学式の前々日 クラス発表があるので
新入生は確認しに来てください
そして受付をし組章を受け取りましょう


慣れない校舎に行くのですから
やはり友達と行く予定なのですか?
母からの問いに 一人で行くつもり
あっさり答える兄12歳
え?そうなの?本気なの?
しつこく問うあたくしに
やはりあっさりと大丈夫と答える兄でした

結局 お友達のクロちゃんから電話があり
一緒にクラス発表に行った兄でした
4月に入っているから自分は中学生なんだと
学生服でクラス発表に挑んだ兄&クロちゃん
出会う友達全てがまだ小学生気分で私服

すっげー恥ずかしかった!

でもね。お母さんはすごいと思ったよ
もう中学生だっていう自覚から学生服にしたんでしょ
自分達で考え正装で行ったっていうのは
本当にすごいと思ったよ

うん・・・。先生方も「立派だね」って
褒めてくれてたけど やっぱ恥ずかしかった


大雨の中 入学式を迎えました鬼太郎市
学生服がびしょびしょになるから
一緒に車に乗って行こうと誘うと
あっさりお断りを受けました あたくしです

それでも必死に食い下がり頼み込んで乗車してもらい
校門まで着きますと ここから一人で行くから
さっさと下車して校舎に向かう兄12歳
一人で大きな校舎に向かう兄の背中は
とても頼もしく とても凛々しかったのでございます
画像 13942

初めての校舎 初めての先生
初めての大人数クラスメイト
全てに恐れおののき 緊張していたのは
あたくし一人だったようです

画像 13940
10kg近い教科書をもらい かばんに詰め込み
歩き出す兄12歳は大人へ近づいた誇りに満ちていました

「兄」から「兄貴」へと昇格した入学式でございます。
2012.04.21 Sat l 兄と妹 l コメント (0) l top
なんじゃいら かんじゃいらで息切れ状態
そんな毎日のあたくし 母上です。おひさ。

さて兄12歳の小学校卒業式が終わり
翌週の日曜には自治会の総会も終わり
その週の土曜日には自治会役員交代 親睦会

とにもかくにも忙しい週末を何とかこなしていた
あたくし43歳すでに初老でございます。
ふと気がつけば小学生最後の春休みを
だらだらと楽しそうに過ごす兄12歳
画像 13962

そしてまた気がつけば忘れ去られている妹11歳
あらあらごめんね妹よ
母は死にそうなくらい忙しく
そしてまた死にそうなくらい貧乏になってしまいました

お出かけしたい そりゃそうだ
買い物に行くと兄の弁当箱やら筆記用具やら
細かな必需品のために 妹11歳の存在を忘れ
走り回っているあたくしでございました

何とかおでかけさせてあげたいのだけれど
これまた先立つものが無いんでございますよ
宝くじ買ったってばば様が言ってたよ♪
またですか・・・。懲りない年金族73歳ですこと。
あ、3月のばば様の誕生日も忘れておりましたわね

妹11歳のお出かけ希望 ばば様73歳の金持ち希望
全てを兼ね備え なおかつ夢のあるテーマパーク
画像 13958
金持神社(かもちじんじゃ)へと祈願に参りました

鬼太郎市から約1時間くらいのドライブでございます
妹11歳それなりに道中楽しんでおられました
人里離れた山間にある神社の看板に着きますと
小さな売店がございます
その中に可愛らしい女性がお二人
「参拝の仕方を教えてください」と尋ねると
とても丁寧に暖かく迎えて下さり
何だかそれだけで十分にご利益がありそうな心持ち

学校の2~3階へ昇る程度の階段を進むと
画像 13952
小さな祠がございまして 
画像 13953
とにかく金持ちになりますようにと
それがダメなら 家族が健康でいられますようにと
それがダメなら 子供達の学業が成功し
自分達の歩みたい人生を謳歌できますようにと
祈願いたしまして帰路に着きました

苦しいときの神頼み
無宗教のくせにいざと言う時 神をあがめるあたくしを
知っておられる神様は そうそう簡単に
希望を叶えるはずもございません

震災復興支援宝くじ 全てはずれでございます
買ったのはばば様73歳ですけど
復興支援に役立つならいいじゃないの
買ったのはばば様73歳ですけど

働き蜂はあたくしですからっ~
さて・・・また頑張ろうっと。
2012.04.20 Fri l 兄と妹 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。