上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
みなさま こんばんは 母上です!



本日 妹7歳のミニミニバスケットボール
(通称ミニミニ)の試合がございました
ミニミニとはバスケ部の小4~小1年生で構成した
『ちっちゃい子たち限定のバスケチーム』です
画像 322



小4の中学年のメンバーも少ない我がバスケ部
強豪チームには かなわないでしょう
それでも 精一杯戦えば 得るものも多いはず!
「妹!ビビったら負けだよ。相手も小さいんだから
『なにクソっ!』って思って向かっていきな」
画像 301
2階から大声で応援する保護者達!
少しでも勇気あるプレー 根性をみせた動きに
やんや やんやの拍手で盛り上げます


今まで 少し遠慮がちだったディフェンスも
今日は目に見えて違っていました。
あ!ぶつかる! と思う寸前まで
相手の前へと立ちふさがります
ボールをくれと 手を挙げアピールも出来ます。
そして 初めて決めたシュートには
感動よりも 歓喜の黄色い声援で喜んだ 親バカ。


「母上が泣かんかった(驚)!!」


練習中ボールを必死に追いかける姿
先輩の指示の通りに 何とか動こうとする姿
全てが素敵な成長だと、ときたま
涙目で見学していた親バカです。
他の保護者にびっくりされてしまう程
興奮していた 今日の試合


よく やったね!いーちゃん
試合は負けちゃったけど やる気は勝ってたよ。
ごほうびに この後お祭りに行こうか?
えーーーー!いいの?
行きたい!行きたい!行きたい!



画像 303
おりしも 試合会場の体育館から5分の所で
大きなお祭りがある日でした。
早速 二人手をつないで
妹7歳の功績を讃えながら歩きます。



画像 304
このあと午後8時から 盛大な花火もあります。
いーちゃん お家に帰ってシャワー浴びて
花火も見に行こうか?
えーーーー!!見る見る♪


頑張った自分が嬉しくて
たくさんのお母さんから褒められて
テンション パワーアップの妹7歳。
帰りの車の中で 息継ぎ無しで教えてくれます



あのね、あのね。あたしね
試合中に最初 コーチに呼ばれてたでしょ!?
あれはねー 『いー。相手チームや自分のチームが
フリースローになった時
誰よりも先にこぼれたボールを取りに行け!
これは いーと俺の大作戦だぞ』
って言われてたの。
それで最初は失敗してボール取れなかったけど
後で2回 コーチに呼ばれて
『俺達の作戦 もう一度やってみろ』って。
作戦を成功させるために あたし頑張ったら出来た
 



運転中に限界がきました
後部座席で一生懸命 説明する妹7歳
本当にバスケが楽しい 妹7歳
コーチとの約束を果たそうと がむしゃらだった妹7歳


決壊したダムのごとく 涙で前が見えません。


いーちゃん。到着でーす!!
さぁシャワーして 兄くんも一緒に花火に行こうね
後部座席を見てみると 夢見心地の妹7歳
画像 307
本当に お疲れ様 
君の一途なところが とても愛おしい 親バカです。



残念ながら 花火は見に行きませんでした
緊張の糸が切れたのか
眠り続ける 妹7歳なのでした。






2008.08.03 Sun l 兄と妹 l コメント (8) l top

コメント

愛おしい。愛おしい。愛おしい。

子供が がむしゃらに頑張ってる姿は ただただ 愛おしい。

そして
アナタ様の 愛おしい想いから発する 大声援
他の保護者のビデオに 五月蝿いくらいに入っている アナタ様の 大声援。

それさえもが 愛おしいのです。 
2008.08.04 Mon l ぱち. URL l 編集
あぁ、こういうのに弱い・・・
一人っ子だった私。
厳しかった母。
昔は、生活することに必死で余裕もなかったけれど
母も、私の何かを見て堤防決壊することがあったんだろうか?
今は逆に、おばあちゃんになった母が無理やり若作りなことをするたびに
「あぁ・・・本当におばあちゃんになっちゃったんだなぁ」って別のぐっ!が来ます。
そしてこんなに大きくなっても母にとっては私は子供。
いまだに子供扱いされたりして居ます。
2008.08.04 Mon l hicobeli. URL l 編集
ぱちのすけさま。
愛おしい。愛おしい。愛おしい。
今朝起きて 声が出なかったあたくしが 愛おしい。
シュートを決めた瞬間 2階の柵に膝が挟まり
抜けなくなって冷や汗かいたあたくしが 愛おしい。
「みん」も「みす」も誰が誰やら お前はドコのワカメじゃ?
と思ったあたくしが 愛おしい。
ビデオの邪魔してごめんなさいと 向こう三軒両隣の父兄に
平謝りのあたくしが 愛おしい。

クイズ ハイ&ローの司会者は 伊東四郎。

2008.08.04 Mon l スターどっきり丸秘報告. URL l 編集
ひこざえもんのじょうさま
もちろんですとも!そうですとも!

ピアノ発表会の前夜 手作りの衣装を眺めながら
「あの子が緊張せずに弾けますように。」
そんな思いを込めたことでしょう、お母様。
そして発表会後には 娘の成長に堤防決壊!
母の威厳滅亡の危機です。

絶対に見せません。見られちゃいけないのです。
「うん、うん。よぅ頑張ったなぁ。えらいよ」
冷静を装いつつ 夕方なのにサングラスをかけた
あたくしのように・・・。

あたくしも娘として生まれてきました。
ばば様がどのように感じ どのように育ててきたのかは
全くのナゾでございます!やはり伝えてくれなきゃ
「自分一人でおっきくなった気」になってしまう(汗)
ひこ様のコメで改めて 「いい娘」になれなかった自分
に気づきましたわ(遅)
ちょっくら親孝行しとくね。 まずは八つ当たりをやめよう・・・
(ソコからかよっ!)
2008.08.04 Mon l 母上. URL l 編集
かーわいぃぃねぇ!!
一生懸命自分のうれしかったことを報告してくれる姿、うれしすぎて泣けますよね。
寝てる姿すらいとおしすぎて困っちゃいますよね。


ところで兄上は?

関係ないけど、ベビベビ点取り占いが大当たりでした。v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪
2008.08.04 Mon l ぴょん. URL l 編集
ぴょんどの
愛おしい気持ちと 憎らしい気持ちが交錯するあたくしです。

バスケかばん・弁当箱・デカい水筒・あたくしの荷物・全てを両手に
妹7歳をおぶって 3階まで登ろうかと荷物を手に
思案中・・・・妹7歳と目が合いました。
にやりと口の端が歪んでいました。
何事もなかったように目をつぶりました。

起きたんなら 歩けよっ!心に潜む鬼が叫びます(涙)

兄?ヤツは協調性にとても欠ける人物。
「バスケ応援しに行こうよ」
「えー!!オレ疲れるからヤダ」
「じゃあ兄が頑張るとき 妹も応援してくれないよ」
「別にいいよ」

子供から発せられる『べつに・・・』のセリフ
ボルケイノが噴火しそうです(怒)

べビ点取り!大当たりが出た人はその日一日
ツイてるんだよ♪うわはははは!
あと30分だ♪うわはははは!!!
2008.08.04 Mon l 母上. URL l 編集
妹ちゃんへのまなざし。母上ステキだねえ。わかるわぁ。かわいいことこの上ないよね!!

妹ちゃんにとって最高の日だったんだろうな。またバスケのこと好きになったんだろうな。私までうれしい。

ふっと目が覚めた時に母上の背中の上だったってことも、嬉しかったのよ。妹ちゃん。にやっ じゃなくて、にっこり、だったのよ。眠くて目つきがにやりの時と同じに見えただけよ。

が、応援した母上が何より疲れたんだよね。応援していた母上、朝からお弁当まで作って、送迎、応援、他父兄への気遣いなど、せっかくの休日がいつもよりハードライフだったことも、あたしゃわかるよ。
お疲れ。母上。今頃ごめんね。
たまには母上自身にご褒美あげてね。
2008.08.09 Sat l ダダママ. URL l 編集
愚痴入りコメだよ!長いよぉ(スマン)
★ダダママん。
入部して10ヶ月だよ、バスケ部。
10ヶ月なんて新参者なんだよ、ホントは。

○お茶当番は出来る人が、出来る時に廻して行きましょう。
は?出来ない人は当番しないまま?
せめて「この日は出来ます」って自分から名乗ればいい。

○暑いからクーラーボックスと冷却材とおしぼり(30枚)を
買いました。試合はもちろんのこと、練習日も当番制で用意します。
は?30枚のおしぼりを干すところなんて無いよ!
暑いなら、個別に個人が用意したらいいものじゃないの?
試合時だけならまだしも 練習日まで親が用意周到って。
子供の自立心を育てるためにも自分で用意させるべき!

○日曜に練習日を変更します。いつも通りの5時から8時です。
は?日曜の夕方なんて唯一の家族団らんの日じゃないの。
ただでさえ夕飯一緒にできないのに、しかもバスケが気になって
(5時までに帰宅)出かけられない!!

他の保護者も陰ではネチネチ言ってるが、改善しようとしないコト多し。で
これらを決めてる監督夫妻に「親と全く関係なくバスケをしているんなら
話は別だが 親が関係してくる物事は一度 
会を開いて意見を聞いてから決定して欲しい。
負担が多くなれば辞めざるを得ない。親の都合でやめさせたくない!」
と直談判したのが先月。

他の保護者もあたくしの陰に隠れて「そうよ。そうよ。」
(ちゃんと自分で言えよ)
妹7歳のバスケ部での対応が嫌な感じになったら
どうしようかなぁ・・・と不安いっぱいでした。
みんな監督夫妻に気を使ってるんだよね。
教えてもらってる・と思ってるから当然だよね。
それを あたくしが参加してからというもの
壊して回ってるんだよね。それでも他のコーチが妹は
『根性』があると褒めて育ててくれているから・・・
賛辞に答えようと妹自信も頑張ってるから・・・
あたくしも本気で監督とぶつかってしまった!

そしてのミニミニ試合。ちょっとご立腹だった監督も
(ろこつにあたくしを避けていた)
「やっぱ妹のド根性はいいよ!お母さんそっくり!」
と褒めてくれますた(汗)少々の嫌味入りで。
相手が皆、小さい子だったから勇気が出たんだろうね。
妹7歳のたった1回のシュートで
あたくしの周りが好転したのは 本当に感謝!

いろいろ・・・本当にいろいろ・・・・
大人の間で感情がもつれたりしているバスケ部。
それでも妹7歳、バスケ大好きなんだって♪
バスケを6年までするんだって(限定かよ?)♪
そんな話を聞いてると とても幸せな気分♪

でも家の中でボール付くのは是非とも
辞めていただきたいの。だが、毎日片手にボール持ってるわ(汗)
2008.08.09 Sat l 母上. URL l 編集

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。