上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
度々入退院を繰り返していた ばば様72歳
入院生活はもうプロの域 
何が必要かどのような支援をして欲しいか 
全て分かっているはずのばば様72歳

なのに ナゼ 支援者であるあたくしを振り回すのだろう
見舞いに行き必要なものを聞くと 何も無いと答え
洗濯物を持って帰って洗っておくと言うと 
病院に洗濯機があるから 必要ないと答える
画像 872
その様に答えた当日の夜に電話をいただきます。
やっぱり夜中は寒いから暖かな上着が欲しい
やっぱり洗濯場まで歩けないから洗濯して欲しい
やっぱりアレが欲しい
やっぱりこうして欲しい

あたくしの愛車で片道50分もかかる病院
画像 864
今日見舞いに行ったのなら明日は行きたくない病院
仕事を終え ダッシュで子供達の夕飯を作ったら
すまないが食べておいて風呂も済ませておくれ。と言い残し
兄11歳・妹10歳の「気をつけて行ってらっしゃい」と
暖かな言葉を背に 超特急で車を走らせる病院

あなたはチーム母上の事をナンだと思っていらっしゃるの?
チーム全員の協力と我慢の上に成り立つ入院生活
『だから提案したじゃないか!その時に言え!』
何度怒られても悪びれもせず どんでん返しのばば様72歳
あたくしの方が病になりそうでございました。

そもそも13年間この病院の呼吸器科に通い続け
夜中に低酸素状態になると 車を飛ばして50分
いっこうに改善しないのは肺気腫だから仕方の無いこととして
同じ呼吸器科のある近くの病院に替えてもいいのでは無いか
処方される薬はどこも大差は無い
改善され快方に向かう病気では無いから。
最短で10分 遠くても30分以内の所に
呼吸器科を持つ大きな病院が3件もあると言うのに。

退院後には病院を替えてもらいます
一緒に住みたいのであれば 
あたくしが面倒を見るのに最適な環境を作ります
そもそも 近くの病院に行きたがらないのはナゼ?

昔から知っている人に 頻繁に出会うからイヤだ
そんな答えに納得の余地があるのでしょうか

昔から知っている人が支えになってくれる事もある
同じように病を抱えているならば痛みを共有できるでしょう
あなたはそうやって人との繋がりを嫌うけれど
どんなに嫌っても 人は一人では生きていけないのです
今までだって 一人では生きてきていないはずなのです

本当にこの先 あたくしと暮らしていくのなら
まずあたくしからの提案を呑みなさい
効率の良い 最善の策を考えて提案しているはずです
今までのことをよく考えながら入院生活を送ってください

ばば様72歳の心に どのように届いたかは分かりません
2人以上で生活をする家庭はすでにチームです
チームワークを発揮し 協力し合うのが家族です

そう言い残し しばらく見舞いに行くのを控えた頃
ばば様72歳から1本の電話が入ります
入院していても費用がかかるばかりで
あまり良くならないから帰りたいと先生に言ったら
「そうだね。点滴も必要ないし飲み薬だけだから
あとは自宅でゆっくり休養してもいいよ」
そう言ってもらった。明日退院したいから迎えに来て


人を振り回すな・と教えたはずなのに。
入院費の用意も ばば様に与える部屋の準備も
まだ何も出来ていないのに 
母上家に行きます。よろしくお願いします。
声も踊っているばば様72歳


グーで殴ってやろうかしら。。。
画像 883
翌日 大喜びで同行した妹10歳と
大喜びで退院した あたくしの母親
爆発寸前の不機嫌真っ只中 有給休暇を取ったあたくし
偏頭痛で自宅で寝込んでいる兄11歳

ごっちゃごちゃの新生活が始まりました
チーム母上 メンバー1人増員でございます。
2011.05.29 Sun l ばば様 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。