上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
みなさまこんばんは!母上です。

あたくしの勤める食品加工会社には
「研修生」という名の下に数名の中国人と
ネパール人が3年契約で勤務しております。

割と外国人には「おもろい日本人」と
認識いただいているあたくしでございます。

仲良くなるにつれお国柄が理解できてきたこの頃
中国&ネパールから来る彼女たち(女の子ばかりです)
母国で登録をし 数ヶ月の合宿で日本語を習得し
日本の基本的な習慣やら国民性を習うらしいのです

母国で裕福な家庭であると思われる彼女達
研修にかかる費用も相当なものでしょうが
大金を払ってでも働きたい国、日本

20代前半から後半までの若き力
子供のため、弟の学費のため、家族のため
3年もの長い間 母国を離れ一生懸命働きます

負けず嫌いな中国人
のんびりおっとりなネパール人
両極端な人種をひとまとめに寮に住ませるわが社

トラブルが起きない訳がない・・・

先日かわいいネパール人のタマンちゃんから
小さな声で相談を受けてしまった あたくしです

中国の子は会社の物(食品)を盗んでいる
共用で使っている洗濯機を貸してくれない
仕方なく洗面器で洗っていると
それも中国人用だと言って取り上げる
会社のおばちゃんがくれた食べ物を笑って捨てる
ネパールの郷土料理を食べてみて下さいと言うと
いらない!と怒る
私達はブッダだから・・・みんなで分け合い
喜んでもらうことを美徳としているのに

中国人も日本人も基本はブッダだよ
思いやりとか自己犠牲とかを美徳と感じてるよ
育った環境というかお国柄で
少しずつズレはあるのかもしれないね

あたくしにはとても優しい中国人レディ
仕事も負けず嫌いで大雑把なりに早くこなす彼女達
そこはあたくしも似ている所でございます
打って変わってゆったりしているネパール人
仕事も急いで仕上げるという感覚ではないようで
あぁ多分ここら辺にイラつくんだろうなと
ちょっと見えてきた中国VSネパール

会社の寮とは名ばかりで食堂は共用
6畳程度の部屋に2名分のベッドを押し込み
会社の許可なく遠出をしてはいけません
会社の許可なく社員と出かけてはいけません

変なルールを作りがんじがらめの研修生
車に乗せてあげることも出来ません
国民性がぶつかる寮の中
疲れた体と心を癒すプライベートな場所もなく
疲れきっていたネパールレディ

おばちゃんと遊ぼう!!
花火を見たこともしたことも無いという彼女達
ならばおばちゃんが買っちゃる!
寮に持って行くから待ってて

日本の花火は静かでおもろくない
爆竹が本当の花火だと言い張る中国人は不参加
ネパール人が「何て事を言うの?!」と顔を曇らせます
はっきりしてて気持ちがいいねぇ
いいのよ。断る時ははっきり断った方が相手のため

画像 1114
最初はびっくりして走って逃げた手持ち花火

画像 1116
楽しくって 最後の線香花火に
10本束で火をつけたがった彼女たち

画像 1115
あたくしが会社のクソばばぁ達に2年かけて慣れたように
頑張れ!頑張れ!
仕事も中国人も慣れれば楽勝
頑張れ!頑張れ!
2011.07.19 Tue l 母上 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。