上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
7年前の雪のちらつくある日
ばば様の姉 つまりはあたくしの叔母がクモ膜下出血で
自宅玄関先に倒れているのを発見されました

息はあるものの そのまま意識は戻らず
寝たきりの状態で過ごすことを余儀なくされました
定年を迎え叔母がいなければ何も出来ない叔父

叔母が倒れてから次々と見つかる請求書
浪費を重ね膨れ上がった借金に困惑していた叔父でした
そんな叔父にも病が見つかり 寝たきりになった叔母を残し
1年後に肝臓がんで他界いたしました

それから5年後 叔父叔母の長女であるあたくしの従姉妹に
末期の大腸がんが見つかり闘病生活に入りました(通称めめ姉)
ちらっとブログでもご報告した事もございます
心底明るい家庭を作った叔父叔母
そんな両親に育てられためめ姉でした
入退院を繰り返しているにも関わらず
末期がんだと宣告されたにも関わらず
体力がある間 いつもあたくし達と大笑いしていためめ姉でした

宣告から1年後 52年の生涯を終え天へと昇った彼女
全く何も分からない状態なのか それとも
想いはあるが全身が使えないため伝えられないだけなのか
寝たきりの叔母は変わらずただ横たわるだけでした

そんな叔母も先日 天国で待つ叔父とめめ姉の所へ
大往生の末 享年80歳で旅立ちました
わずか6年の間に葬儀に3度も出席したあたくしです

いろんな光景を見てしまいました
残された兄弟間の醜い金銭争いや
めめ姉の葬儀にふらっと現れた夫の愛人
それを見て怒りを示す勇気のない子供達

おくる側 おくられる側
どちらにせよ いつ訪れるか知れない人の死
残る人たちが心穏やかにいられるように
いつでも身辺は綺麗にしておくべきだと悟りました

切なくて悲しくて少しコミカルだった葬儀も
滞りなく終わり 今は天界で積もる話をしているであろう
叔父と叔母そしてめめ姉
何を使命として下界に遣わされたのか
使命を全うして天界に帰っていったあなた達

きちんと見送ることが出来たことに意味があるのかもと
おぼろげに考えたりする この頃です。
2011.08.31 Wed l 母上 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。